自分でする?任せる?確定申告はどちらがお得?

レッツトライ!確定申告!

>

自分には荷が重いと思ったら

外注した人がいい人

個人事業主さんの中で、店舗経営が複数にわたる方などもいらっしゃると思います。
たくさん、従業員を雇用されている方や、年1000万円以上の売り上げを計上されていたりする場合は、源泉徴収や、社会保険などの計算が複雑多岐にわたる場合もあるかもしれません。
全く、税金のしくみに明るくない人や、レシートの管理などが杜撰なところがある人なども経営者の中にはいるかもしれません。
税務署というところは、ある意味警察よりも恐ろしいところです。
経理フォーマットの土台づくりのためにも、初年度に関しては外注しておくというのも賢い方策かもしれませんね。
およそ、確定申告の時期は2月から3月中旬ですから、申し込みは余裕をもって、2月上旬くらいまでに早めにしておかれるとよいでしょう。

誰でも簡単にできる確定申告ですが…

今は、税務署も考慮してなるべく簡便に、スマホやPCでも素早く申告できるように工夫はしてくれている様子です。
実際、第2子を出産した後の申告の手続きはこんなに簡単でいいのか、と拍子抜けした気分でしたが、3月の繁忙期の税務署は激混みで、乳飲み子を抱っこしながら長蛇の列に並ぶのは非常に大変だった記憶があります。
はじめて確定申告に行かれる方は、税務署の繁忙期も考慮にいれて、早めに事務作業をすませておくのがおすすめです。
起業をしたこともなく、おきらく会社員の自分にとっては、確定申告をする機会はほとんどありませんが、今後10万円を越すような医療費が増大する年度はよる年波とともに増えていくはずだと思いました。
家族の健康管理と同じくらい、所得税の管理、そして、日々のレシートの管理は一家庭においても大事なことだなぁと勉強になった次第です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る